日々is言語

おいすー^^

主よ,地維の輝石の煌きよ(石ふしぎ大発見展2017について)

 おいすー^^

 

 

 こんばんは.PDM教諭です.

 

 最近の私は諸事情で時間が余りすぎて休日にすらやることがないので,週末が来るたび堕落しないように口実をつけて出かける必要があります.

 2017/04/30(日)に,友人 であるKKくん,KKTくん,なかたくんについてきてもらって,石ふしぎ大発見展に行ってきました.f:id:pudama:20170430231109j:plain

 これはそのレポート記事ですが,夢中になって遊んでいたので現地の写真はほぼありません.ガチで申し訳ない.代わりに石ふしぎ大発見展についての文章を以下に書くことになると思います.石の画像だけ見たいんじゃボケという方は一つ次の記事を先に読んでください.

pudama.hatenablog.com

 

 

石ふしぎ大発見展?

 石ふしぎ大発見展(以下,大発見展)とは,大阪は天満橋にあるOMMビル内のホールで定期的に開催されているミネラルショーです.→そもそもミネラルショーってなんだよ.ミネラルショーというとかなり抽象的ですが,簡単に言えば鉱石(宝石)展兼即売会でしょうか.世界中から集まった企業や個人の方々が大きな会場で自分のスペースに手持ちの石を展示し,その場で販売や鑑定を執り行う楽しいイベントです.ぶっちゃけて言うと,コミック█ーケットの石バージョンですよね.

 

 大発見展もご多分に漏れず,世界(じゅうの石を)ふしぎ発見するだけでなく気に入ったものがあればその場でお買い物もできる素晴らしいイベントです.会場も京阪天満橋駅から徒歩5分かかりません.私はキラキラしたものが大好きなので(知識はお粗末ですが),このイベントを知ってから積極的に行っています.

 

 今回は良いものを手に入れるためにみんな朝イチ…といっても10時からですが…で集合して会場に到着し,散開して各々が好きな石を物色して買いあさってきました.もう一度言いますがこのときの写真はほとんどありません.すみません.まあ,年収レベルの価格の石が売ってるような写真栄えする店はもともと撮影禁止のところばっかりなので,私の行いも実質無罪と言えるでしょう.

 

 

行くだけでも価値がある,ビビっときたら財布を開こう 

 私が大発見展に行くのはこれで三回目(=三年目)ですが,外出嫌いの私がここまでこのイベントに固執する理由はたくさんあります.前述の通りキラキラしたものが好きだというのもありますが,単純にイベントとしての質が高いからです.

 

・世界中の美石を目に焼き付けられる.

 大発見展はお買い物をしなくても見て回るだけで楽しめる素晴らしいイベントです.なんといっても,入場料無料!なのに店舗の数がとても多く飽きない!その数なんと200超!プランなしにフラっと訪れても二,三時間は余裕で楽しめます.

 

 高級アクセサリー店がきらびやかなケースに飾るダイヤネックレスやエメラルドのリング,小さな化石店にズラっと展示されたアンモナイト,海外の鉱石商が雑多に並べたゴロっとした原石たち…とにかく様々なジャンルの「石」が勢ぞろい!光物が大好きな女の人だけでなく,パワーストーンにあやかりたい受験生や,モ█ハン・ゼルダB█tWなどのゲームで初めて手に入れた鉱石アイテムにワクワクできる男の子まで,どんな方でも趣味に合う店舗が必ずあります!

 

 しかしまあ,実際に店舗数を比べるとなると(鉱石>高級ジュエリー>化石)って感じです.やはり大発見展のメインターゲットはキラキラ・ゴツゴツした鉱石が大好きなみなさんになるでしょうが,給料三か月分の指輪や三葉虫と虫入り琥珀などが好きなみなさんが来ても絶対に損はしません.もちろん買うとなると生半可な値段ではないですが.

 

 

・「鉱石を買ってみたいけど…」ここなら何の心配もなし.

 キラキラした宝石や鉱石が大好きな方はたくさんいらっしゃると思います.テレビや本などあらゆるメディアが石の美しさ,素晴らしさを説く作品を世に送り出していることからもわかりますね.となると,やっぱり一度は買って自分のものにしたい!ですよね.

 

 しかし,石を買うって経験もないし…かといって装備を用意してお金を払って採掘体験会に行くのもおっくうだなぁ…と諦めるのはもったいない.ちょっとミネラルショーに行ってみればいいのです!

 

 大発見展なら,私が知る限りだと最低なんと100円から立派な鉱石が手に入れられます!三桁ですよ三桁.三桁円です!前述のように入場料も無料.ちょっと石を買うだけなら,実質の費用は交通費+数百円で満足できることもあるってわけです.たとえば,今回の大発見展で私が買ったものの一つがこちら.

 

f:id:pudama:20170501000927j:plainf:id:pudama:20170501000930j:plain

 

 アメジストの原石です.きれいでしょ?いちいち値段を言うのは野暮というものですが,今回は参考のために引き出したので書くと¥300です.さんびゃくえん.卵ほどの大きさの天然石が,安い店ならこんなにお手軽に買えてしまうのです.

 

 さすがに数千円・数万円出して買うアメジストよりは透明度も色の濃さも劣りますが,私としてはこんなんでも十分愛でられます.ほら,上の写真のように強めの光を通して見れば,きれいだこと.

 

 鑑定書や証明書?これを買ったお店では取り扱っていませんでしたよ.というか私のような若造の財力で買いものができるお店は,ほとんど堅苦しい書類や手続きはありませんよ!なぜってコンテナにゴロゴロ入って¥300のばら売りですからね.実際,コンビニでおにぎり買うよりもよっぽど気軽に買えました.

 「すいません,これ買います(素手でつかんで持っていく)」「はーい,¥300になります…ちょうどですねー,レシートおつけしますか?そうですか,お買い上げありがとうございましたー.」

 …おわり.緊張することは何もありません.また,ばら売りにしても,買えばちゃんと包装してくれるお店ばかりです.むしろ包装用のジップロックやクッキングシートを持っていった意味がなかったくらいです(持って行くに越したことはありませんけどね!).このように,石を買ったことがない方でもとにかく気軽に買えるのは魅力だと思います.

 

 

・好奇心には応えてくれる.

 鑑定書など面倒な書類はないと書きましたが,これをメリットだと思えない方もいることでしょう。「これ本物の石か?」「なんでこんな安いんだ?」など疑心暗鬼になることがあるのも当然だと思います.そういうときは,お店の人に質問しましょう.買うよりちょっと恥ずかしいかもしれませんが,質問すれば「どんな石か,産地はどこか」など詳しく教えてくれます!

 

 実際,お店の人も「お客さんに説明したくってしょうがない」という感じの人が多かったです.私が黙って商品を見てるだけでも向こうから話しかけてくれたりします.なぜって,石の話を振ってしまうほど好きじゃないと石の商売なんてするはずないですもんね.セールスの面もあるでしょうが,どのお店の人も楽しそうに商品の知識を教えてくれます.

 

 でも,緊張が解けたからといって高級店のジュエリーをいきなりベタベタ触ったりはしないようにしましょうね!また,鉱石をずさんに置いてるっぽい店でも「それを触るのは勘弁…」ってくらい高額・貴重な商品が並んでることもあります.ですから,商品を手にとって見たいときは店員さんに許可を取りましょう!

 

 

締め

 とりあえず大発見展についての紹介はこんなところです.肝心の商品については,私が買ったものを次の記事にたくさん載せときますのでそっちの写真を見ればどんなものが買えるのかわかっていただけると思います.

 

 大発見展に一通り満足したあとは沼勢の根城・餃子の王将に行ってエネルギーを補給し,重い球をひたすら投げる筋トレや大声で叫びつつ音感を鍛えるトレーニングをしました.楽しかったです.晩飯はナ→ル↑ド↓でクーポンを使用して爆アドの翁に変身しました.久々に有意義な週末が過ごせたと思います.