読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々is言語

おいすー^^

石ふしぎ大発見展2017 戦利品自慢

 

オタクは即売会で買った物を戦利品と言う

 「主語がデカい」と怒られそうですがぶっちゃけ間違ってないと思います.「ソースは俺」ってやつですね.

 

 というわけで,私が今回の大発見展で得た戦利品を載せていきます.一つ前の記事で書いたとおり,すでに我が物となった石を紹介する時に値段を書くのは野暮だ…と思っているので,具体的な値段は書かないようにします.ミネラルショーに興味を持ってくれた方の参考になるようにだいたい安いか高いか程度にしときます.細かい値段はご想像にお任せしますが,どうしても知りたければツイッターとかで質問してくだされば答えます(鍵垢なんでフォローリクエストしてください).

 

 写真に血色の悪い手や部屋が写っているのは勘弁してください.

 

 また,この記事は画像をたくさん貼る都合上たいへんデータ量が多い記事になると思います.そのため,有線やWi-Fi環境で読んでいただければと思います.通信料に余裕がある方は外出中でも95回読んで当ブログのPVを上げてください.

 

 ご理解いただけましたら,「続きを読む」で記事をオープンしてごゆっくりお読みください.

 

 

ローズクォーツ(=紅水晶,薔薇水晶)

f:id:pudama:20170501003158j:plain

 名前通り,ピンク色の水晶(石英の結晶)です.鉄やらチタンやらの,化合物が赤っぽくなる金属を含有した水晶です.これは安めのやつなんでそこまで色は濃くないですね.ローズクォーツは名前も色合いも大好きで,私はよく買います.

 

f:id:pudama:20170501003204j:plain

 透過光(向こう側からの光)で撮った写真.母岩のカスや汚れが目立ちますが,どうせ天然の原石ってことで風情があっていいんじゃないでしょうか.何しろデカい.自分が掘った岩からこんなん出てきたと思ったら狂喜しますよね.

 

コパル(=アンバー,若琥珀)

f:id:pudama:20170501003834j:plain

 琥珀.樹脂が固まってできた,宝石の中でも数少ない有機物の塊です.カットされていないし透明度も低いですが,これぞ樹脂って感じがします(?).若琥珀やコパルって名前は初めて目にしたので調べましたが,どっちかというと学名ではなくパワーストーン系の界隈でよくコパルやコパールという名前を使うようですね.まあ琥珀琥珀です.きれい.他の戦利品より数倍高いけど,後悔はしていません.

 

f:id:pudama:20170501003845j:plain

 透過光の写真.琥珀は色が濃くても薄くても透明は透明で,光をよく通します.虫や葉などの内容物が入っていれば綺麗に黒く浮き上がるのですが…ん?

 

f:id:pudama:20170501004302j:plain

  ルーペで観察すると,なんか虫だか植物の芽だかわかんないのが…まあラッキーかな?私はあまり虫入り琥珀に興味がなくて,単純に琥珀の美しさに惹かれて購入したので棚からぼた虫ですね.アド学の観点から見るとどうなるでしょうか.

 

水晶玉

f:id:pudama:20170501004702j:plain

  見える…見えるぞおぬしの未来が!ごっこができるアイテム,水晶(石英結晶)の玉です.水晶は六方晶系という結晶系に属していて…簡単に言うと,自然にできた水晶は綺麗な結晶であれば六角柱やそれを組み合わせた形になることがよく知られています.みなさんも水晶といえば六角柱の先っぽに六角錐がくっついた感じのを見たことがあるんじゃないでしょうか.

 とどのつまり,水晶玉はバリバリの加工品ってことですね.天然に球状の水晶が出てくるなんてことはないですからね.天然の水晶をキュッキュと研磨してできるのがコレってわけです.

 

f:id:pudama:20170501005352j:plain

 透過光.拡大した写真だとヒビや傷,気泡が目立ちますね.でもこれはこれでイイネ・

 ぶっちゃけ濁りや傷,内容物がない水晶玉ってこのサイズでも万円とか億円とか張るので,まあこの写真の玉は私が買える程度には安価ってことです.しかし,「水晶玉」という数多の創作物に登場するロマンアイテムを手に入れられたという事実が私を興奮させてくれるので,ぜんぜん問題ありません.うれしい.

 

謎の淡黒色・半透明の石

f:id:pudama:20170501010215j:plain

 仰々しく書きましたが,ばら売りコンテナの中の一つです.黒くてかすかに透明.黒曜石か煙水晶のどっちかかなと思いましたが,断面の形を見ると黒曜石っぽいですよね.ナイフ作って遊べるかな?私は綺麗な石が好きですがこのように鑑定や同定の知識・技術が著しく欠落しています.下手の横好きってやつですかね.なので,この記事を読んでくださった読者の方々に詳しい方がいらっしゃいましたら上記の黒い石や他の石についてぜひご教示ください.間違った知識があれば厳しく正していただけると嬉しいです.

 

f:id:pudama:20170501010219j:plain

 透過光.なんだか闇・土属性の能力値が上がったりしそうな雰囲気をかもし出しています.(ゲーム脳)

 

 

ラピスラズリ(=瑠璃)

f:id:pudama:20170501011032j:plain

 ゲーム,特にファンタジーものが好きな方なら一度は名前を聞いたことがあるでしょう.ラピスラズリ,瑠璃ってやつです.ゲームのアイテムとしてではなくとも,濃い青色で装飾品の材料として知名度の高い鉱物です.これはラズライト(Lazurite)という鉱物がパイライト(=黄鉄鉱)などと一緒に母岩にくっついて産出されます…多分!本で読んだから合ってるはずです!つまり「ラピスラズリのデッカイ塊」ってのは無い…はず…ですね.

 

f:id:pudama:20170501011621j:plain

 ルーペで観察してみると,たしかに金ピカな黄鉄鉱が!こういう風に,自然界の岩ひとつ取ってもたくさんの鉱物が含まれています.ラピスラズリは色でそれがよくわかる素敵な石だと思います.

 

 私は化学はからっきしですが,自然界でも産出する青色というととにかく銅化合物というイメージがあります.というか,それ以外にあまり知らないです.(無知の知) しかし,ラピスラズリもといラズライトには銅Cuがいっさい含まれていません.不思議なものですね.また,動物や植物がこれほど鮮やかな青色を出すというのは少ない気がします.鉱物はこういうとこもミステリアスで好きですね.(植物でも藍とかはけっこう綺麗に青いかな?)

 

 

クラック水晶(=ひび割れ水晶)

f:id:pudama:20170501012417j:plain

 私をとりこにした第一の鉱物であり,世界的にも大人気な彼,水晶です.今日は体調が悪く,ひび入りで出陣してきました.私も体調が悪くても登校しなければ

 これは私が割ったわけでも「不良品」を買わされたわけでもなく,こういう商品として成立しています.水晶は非常に透明度が高く,ほぼ全ての色の光を通すため「ひび」がプラスに働く場合があります.暗所で光を当ててみるとよくわかりますよ…

 

f:id:pudama:20170501012421j:plain

 この通り.ひびによって新たな反射や屈折が生み出され,ギラギラと輝いています.まるで魔力を込められたマナクリスタル.部屋の壁のあちこちが反射した光で淡く照らされてロマンチックでした(写真には写ってないけどね…).

 

 アングルを変えたりすると虹色に輝きます.これは分光スペクトルによってうんぬんかんぬん.つまり光は色によって波長が違っており,波長の違いは屈折角の違いとなり,まあなんか水晶に入った光の一部は内部で全反射したうえ空気との境界面で分光されて出てくるためさまざまな色に見えるって感じです.

 

 ダイヤモンドを最も美しく見せるというブリリアントカットもこの性質を多分に利用しています(品質の高いダイヤモンドも水晶のように透明度が高いですよね!).透明度の高いかつ無色の石たちは,皆このように光の神秘性をよく見せてくれるロマンチストです.だから私は水晶が大好き.無色透明なダイヤはちょっと手が出ないかな…

 

 

小粒たち

 ばら売りの中でも特にサイズが小さい石たち.

タイガーアイとフローライト(=蛍石)

f:id:pudama:20170501014401j:plain

電池はサイズ比較用.

 

 タイガーアイパワーストーンとして余りに有名.私も金色が好きなので小さいものを見かけたらついつい買ってしまいます.でもぶっちゃけどういう石なのかほとんど知らないんですよね.Wikiってみたところ角閃石石英を含有してる感じらしいですね.ヨクワカンナイケドネ

 

 蛍石は日本語でも英語でも女子力の高いカワイイ名前と,紫外線を当てると文字通り蛍のように蛍光するのが特徴の石.蛍石は大発見展関係なくどこの店でも安価で大量に購入できる印象です.それこそネット通販でもゴロゴロ売ってます.フライパンで加熱してクラック入れてみたりとか,ブラックライトで光らせたりとか,いろいろ実験して遊べます.安価で等軸晶系のサンプルとして使えるのは面白いと思います.ダイヤ細工の職人を目指している方は,「八面体の面に沿ってなら割れやすい」という等軸晶系の性質を蛍石で試してみてはいかが?

 

f:id:pudama:20170501015017j:plain

 はい綺麗.

 

f:id:pudama:20170501015021j:plain

 はい綺麗.残念なことにブラックライト持ってないので普通のライト当てました.今度買います.

 

・カット済みフローライト

f:id:pudama:20170501015501j:plain

 今回の戦利品の中で一番テンションが上がったのは,実はこれです(二番目はクラック水晶).なぜかというと,私の人生で初めて「カットされた石」を買ったからですね.蛍石という安価で軟らかい石,それも四桁円で買える代物でカットも不正確ですが,それでも初体験というのはドキドキするものですね.上の写真だけでもキズや曇りがわかりますが,気にしない.個人的には安いもんです.

 

f:id:pudama:20170501015621j:plain

 ルーペ写真.さすがに拡大して観察しちゃうとカットの粗が目立つな…面取りしたみたいになってる…まあ人(?)の恥ずかしいところをわざわざ見るのは変態ですから,忘れましょう.誰にでも隠したい一面はありますもんね.

 

 

締め

 というわけで今回の石ふしぎ大発見展についてはオワオワリで~す.とても楽しかった.石を買って観察するのは誰にでも簡単に始められ,自己完結するなら特別なスキルも必要ありません.気楽に心を癒せるテラピー的な趣味だと思います.一連の記事で少しでも石やミネラルショーに興味を持ってくださった方がいれば嬉しいです.

 

 おわりになりましたが,大発見展についてきてくれたKKくん,KKTくん,なかたくん,また駄文をここまで読んでくださった方々に感謝の意を示します.

 

次の記事は暇だったら適当になんか短いのを書きます.